妊活や産後にも必要になる妊婦サプリ|葉酸がもたらす効果とは

ドクター

着床前診断を行なう

相談

妊活中や不妊治療を行っていると着床前診断との言葉を聞いたことがあると思います。長く不妊治療を行っている夫婦にとっては出産確率を高めてくれるかもしれない治療法になっています。着床前診断とは、体外受精における着床する前の受精卵の段階で遺伝子や染色体に何か異常がないかを検査することを言います。また、ほかにも流産の確率を減らすために特定の遺伝子や染色体でなくても異常がないかを調査する着床前スクリーニングもあります。この検査は法律で禁止されているわけではないですが数は少ないです。ですが、ちゃんとこの着床前スクリーニングを行なうことが出来る病院やクリニックはありますので、確認してみると良いでしょう。

この着床前診断を行なう方法として、FISH法とPCR法の2つがあります。FISH法は染色体を特殊な染料で色を付けて染色体の数や異常がないかを調べる検査方法で、PCR法は遺伝子を何百万倍にも増殖させて遺伝子の配列を検査する方法になります。主に着床前診断ではFISH法を行なうことが多いです。着床前診断を行なうことで次のことが期待できると言われています。まず、遺伝子の疾患や染色体異常による症候群の回避と体外受精による妊娠率を上げる、体外受精後の流産率を減らす流産予防などの不妊治療になります。着床前診断を行なうためには適用条件などが定められており、誰でも行えるわけではありません。ですが、妊娠出産を望む夫婦の不妊治療と考えてしまうとこの着床前診断は希望と言えるでしょう。希望する夫婦は着床前診断を行っているクリニックや産婦人科にもっと色々なことが知りたい場合などはぜひ、お問い合わせしてみると良いでしょう。